未分類一覧

No.214 梅雨と夏の温度と湿度 

今年も蒸し暑い日が続いています。この時期に犬や猫を体調不良から守るには、室温23℃以下・湿度(相対湿度)40%が理想です。しかし実際にはこの数字は難しいので、室温25℃以下・湿度50%以下(最低でも60%以下)を目指してください。

特に湿度が重要です。湿度が60%以上になると、各種の細菌や真菌(カビ)が被毛の根本や毛穴、皮膚、外耳で増殖し、皮膚や外耳のトラブルを起こしやすくなります。そのため6~8月は皮膚炎、外耳炎が多発します。エアコンにはドライ機能があるものが多いですが、室温だけが下がり過ぎて、湿度が下がっていない場合が多々みられます。できれば湿度計を用意していただくのがベターです。湿度が下がり過ぎるとヒトの喉が乾燥するので40%以下にはしない方が良いです。温度が高い方が空気中に含むことができる水蒸気量(飽和水蒸気量)が多くなるので、湿度50%でも、室温が30℃と10℃の時は空気中に含まれる水分量は3倍以上違います。

世界にいる犬や猫のほとんどは、進化の過程で25℃以下の環境で過ごしてきたと考えられています。現在の横浜市の夏ような30℃を越える環境は、犬や猫にとても厳しい環境です(いつも野良ネコちゃん、地域ネコちゃんたちを心配してます)。温度の上昇によって、汗をあまりかけない犬や猫では、呼吸による体温低下が難しくなります。そのため、熱疲弊によって、皮膚炎だけでなく、循環器疾患、呼吸器疾患なども悪化しやすくなります。とくに、パグやブルドッグのような短頭種、黒い被毛の動物、高齢動物は注意が必要です。


短頭種は暑さに注意!

こちらもご参照下さい
No124夏に気をつけたいこと


No.213 動物愛護法の改正

犬や猫に「マイクロチップ」装着を義務付けることなどを柱とする改正動物愛護法が6月12日、成立しました。生後56日(8週)以内の犬や猫の販売禁止、動物虐待への罰則強化も盛り込まれました。

改正法では、犬や猫の販売業者に対し、マイクロチップの装着と所有者情報の環境相への登録を義務付けています。マイクロチップの装着の義務付けは、飼い主がペットを安易に捨てることを防ぐほか、災害などで迷子になった際に役立ちます。また、登録された犬猫を購入した飼主さんは、引っ越しや譲渡などがあった場合、情報変更の届け出も義務となりました。既に飼っている飼主さんには、装着の努力義務です。
改正法は他にも、出生後56日(8週)経っていない犬や猫の販売を原則禁止しました(一部の日本犬を除く、後述)。現行法では49日(7週)でした。
また、近年多く報道されている動物の虐待への罰則も強化されました。現行法では、動物を殺傷した場合「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」を科していましたが、「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げられました。
これらは原則、公布から1年以内に施行されますが、マイクロチップの義務化は3年以内、56日規制は2年以内とされました。

とても良い法改正だと思いますが、56日規制は「日本犬保存会」と「秋田犬保存会」が、秋田犬や柴犬などの日本犬は規制の対象外とするよう求め、柴犬、紀州犬、四国犬、甲斐犬、北海道犬、秋田犬の6種がこの規制の対象から外れました。「天然記念物の保存のため」という理由だそうで、49日と56日で科学的根拠がないというデータもあるそうですが、この時期の子犬の1週間は、ヒト場合の数ヶ月~1年くらいにあたる大事な時期です。この1週間に、天然記念物の保存のためのどんな意味があるのでしょうか?早く足並みを揃えて欲しいものです。


No.212 飼主がストレスを感じると犬のストレスレベルも上昇する

とても興味深い論文を読みました。スイスのリンショーピング大のリサ・ロス先生のもので、犬は飼主さんの不安やストレスを敏感に感じ取って、コルチゾール(ストレス時に分泌されるホルモン)を多量に分泌するというものです。

こちらに論文がわかりやすくまとめられています
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5439695

ポイントとして以下の3つが挙げられています。
1.犬は飼主さんの不安やストレスを敏感に感じ取る
2.飼主さんの髪の毛のコルチゾール値が高いほど、犬の毛のコルチゾール値も高い
3.飼主さんが神経質だと、犬のコルチゾール値が下がる

1と2についてはなるほどと思いますが、3については個人的に別の見解があります。飼主さんが過度に神経質で、犬を溺愛してしまい、コルチゾールが分泌され過ぎて枯渇してしまい、アジソン病(副腎皮質機能低下症)という病気を発症しているパターンがあると思います。アジソン病は初期のうちは症状がわかりづらいことが多く、早期での発見が難しい疾患の1つです。何事にもちょうど良いは難しいですが、動物との程よい距離感が大事だと思います。

以下もご参照ください
No80副腎皮質機能低下症


No.211 小鳥の排泄物

セキセイインコ、コザクラインコ、オカメインコ、文鳥やキンカチョウなどの小鳥の排泄物は健康状態を示唆しています。小鳥は排泄孔が肛門と尿道口に分かれておらず、一つの排泄孔より糞便と尿が同時に排泄され、排泄物は便(主に緑褐色)、尿(透明)、尿酸(白色)で構成されます。正常な便の色は小鳥の種類や食事によって異なりますが、今回は異常な便についてご紹介します。

緑色便
絶食便:小鳥が絶食状態になると、濃緑食の胆汁と腸粘膜の排泄が行われ、見た目には濃緑色、少量、下痢状の便が排泄されます。これを「絶食便」と呼びます。
溶血便:重度の溶血が起こると、破壊された赤血球から血色素(ヘモグロビン)が溶出し、大量のビリベルジン(緑色)が生成され、排泄量も増加し便が濃緑色になります。また、便中のビリベルジンが尿中にも溶け出し、尿も濃緑色になります。溶血の原因が鉛などの重金属中毒の場合、便は光沢を帯びた青緑色(ビリジアン色)となります。
着色便(緑色):緑色のペレットやサプリメントなど着色料の付いた食事を食べると便が緑色になります。
高脂肪食便:ヒマワリなど脂肪種子を常時与えていると、胆汁が多く分泌され緑色便となります。

白色便
消化不良によりデンプンや脂肪が便に多く排泄されると、便は白くなります。

黒色便
タール便:胃などの上部消化管からの出血、気道の出血や外傷などから大量の血液を飲んだ場合、血色素が胃酸によって塩酸へマチンと酸化されて黒くなります。
着色便(黒色):炭や鉄剤などの投与、黒色系の食餌から黒色となります。

赤色便
血便:赤色付着物がある場合、血液が混じっている血便である可能性があります。排泄孔、排泄腔、下部消化器(下部小腸、直腸、結腸)、生殖器、腎臓のいずれからの出血により血便が起きます。
着色便(赤色):便がまんべんなく赤色で形が正常な場合、ニンジンや赤色ペレットなどの食べ物由来で便が赤くなっている状態が考えられます。

グリット便
グリットとは筋胃内に停留する砂のことで、多くの場合ボレー粉や塩土などの鉱物飼料です。グリットが便に出てくるということは、鉱物飼料を食べ過ぎているか、蠕動亢進により筋胃内より流出していることを示しています。グリットが筋胃内に過剰に停留すると吐き気が出ることがあります。

完穀便、全粒便
完穀便、全粒便とは、穀粒がすり潰されず、不完全な状態で便に混入した状態です。鳥類は歯を持たないため食物を丸呑みします。よって穀類のような硬い食物を摂取する鳥種では筋肉が発達した筋胃を持っており、この中で前述のグリットと共に穀物をすり潰しています。完穀便、全粒便が出るということは、この筋胃に障害があることを示しており、カンジダ、メガバクテリア、寄生虫等の感染、胃炎や胃がん、胃の蠕動運動異常などが考えられます。

大型便
便の大きさが通常より大きい場合、発情中の雌鳥であれば正常です。雌鳥は繁殖行動中は巣箱の中にこもることが多いため、総排泄腔の糞洞が拡張し、便を貯めてから排泄するようになります。この状態はエストロジェン分泌性の精巣腫瘍でもみられ、この場合雄でも大型便をするようになります。
また脊髄の障害や腹腔内のマス、腹壁ヘルニアによる排便障害時も大型便になることがあります。この場合、大量の便の貯留によって総排泄腔が拡張します(メガクロアカ)。自力で出せない場合には、ヒトが指で補助して排便をさせる必要があります。

尿酸の黄色化
尿酸の黄色化がみられた場合は、肝炎または脂肪肝などによる肝細胞障害が考えられます。診断にはレントゲン検査、超音波検査、血液検査などが必要です。

尿酸の赤色~オレンジ色化
尿酸が赤色~オレンジ色化している場合は、心疾患を患う鳥の心拍数が亢進し溶血が起こった場合や過度に動いたことによる筋肉の損傷、重金属中毒による溶血などが考えられます。

赤色尿
水分尿が赤色をしている場合は、重篤な溶血により血色素が尿中に出てきていることを示唆します。重金属中毒でみられることがあります。

異常な臭い
正常な鳥の便はほとんど臭うことはありません。もし異臭がするようであれば、腸内細菌叢の異常や排便障害等により総排泄腔内に排泄物が長時間留まっていることを示唆しています。雌の発情時は臭いが出ることもあります。これは、前述のように、発常時の雌は便を貯めて排泄するため、総排泄腔内に留まっている時間が長いことが原因となっています。異臭がある糞便からは、クロストリジウムという細菌が検出されることが多く、この菌は鳥には無害でも、人の食中毒の原因になることがあるので注意が必要です。

上記のような異常な排泄物が見られたら、適切な診断と治療が必要です。小鳥は一日で状態がすぐに悪化することが多いです。早目にご来院下さい。

以下もご参照ください
No91小鳥の基本
No127小鳥の腹囲膨大


No.210 巣立ちビナ

5月から8月は、毎年様々な種類の野鳥のヒナが病院に持ち込まれます。当院ではスズメやヒヨドリが多いです。公園などに一羽でいる小さな姿はとても可哀そうに見えて、動物が好きな方は助けてあげたくなります。ところが、このヒナたちは『巣立ちビナ』の可能性があります。

巣立ちビナは親鳥がそばにいて、飛び方や餌の取り方、仲間とのコミュニケーション方法、外敵からの身の守り方などを学んでいます。社会勉強中なのです。ヒトが近くにいるために、親鳥は迎えに行けずに困っているかもしれません。近くに巣を発見出来たら、そっと戻してあげて立ち去ってください。また、もしその巣が壊れていたら、カップ麺の空き容器などを利用して、その中に壊れた巣を入れてガムテープなどで木に張り付けてあげて下さい。そうすると親鳥が鳴き声を聞きつけて餌をはこんできます。

怪我をしている時は保護が必要な場合もありますが、怪我や病気の場合でも、基本的に野鳥を飼育することは法律で禁止されています。以下の神奈川県のWebサイトも参照してください
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/f4y/05shoubyou/top.html


No.209 胸水(Pleural fluid)

体内の水分を代謝する機能に異常が発生したことにより、心臓や肺を包んでいる胸膜に漏れ出した体液を胸水といいます。
胸水は、さまざまな機能障害を起こします。腹水などでもいえることですが、体内の一部に集中的に水が溜まってしまうと、臓器が圧迫され極端な負荷がかかります。
肺周辺で水が溜まると、肺が圧迫されてしまい呼吸困難になります。あまり運動をしなくなり、今までずっと元気で普通に生活していたのに突然元気がなくなったように感じられます。また、下痢、食欲不振、舌が変色するなどの症状が出る事もあります。

胸水が溜まる原因ははっきりとはわかっていませんが、もともと胸腔内には少量のリンパ液と組織液が存在していて、呼吸運動によって生じる肺や心臓との摩擦を軽減しています。この微量の胸水は、静水圧、血漿膠質浸透圧、胸膜の血管透過性の三つによって絶妙なバランスの元で維持されています。このバランスが崩れた時に胸水が溜まります。また、リンパ管や血管の損傷によっても生じます。

1.静水圧の上昇:うっ血性心不全などの心膜疾患で起こります。
2.血漿膠質浸透圧の低下:血液中のアルブミン濃度の低下(低蛋白血症)で起こります。低蛋白血症は、重度の肝臓病や蛋白漏出性腸症、蛋白漏出性腎症などが原因になります。
3.胸膜の血管透過性の亢進:主に胸膜の炎症によって起こります。非化膿性の場合は、悪性腫瘍、猫伝染性腹膜炎(FIP)、肺葉捻転、横隔膜ヘルニアなどが原因です。化膿性の場合は細菌感染が原因で、特に猫に多いです。
4.リンパ管や血管の損傷:リンパ管が破ける乳び胸という病気が代表です。他にも、悪性腫瘍、フィラリア、原因不明の特発性によるものがあります。

胸水はX線検査、超音波検査などで容易に発見することができます。発見したら胸水を針で抜いて、見た目の状態、比重、総蛋白濃度(TP)、細胞数、含まれる細胞の顕微鏡での観察を行います。胸水の比重、総蛋白濃度、細胞数によって以下の3つに分類します。

比重、総蛋白(g/dl)、細胞数(/μl)
漏出液(<1.018、<2.5、<1500):心疾患、低タンパク血症
変性漏出液(>1.018、2.5-7.5、1000-7000):心疾患、悪性腫瘍、乳び胸、肺葉捻転
滲出液(>1.018、>3.0、>7000):悪性腫瘍、胸膜炎、膿胸、猫伝染性腹膜炎

胸水が溜まる疾患は重篤なものが多いです。早期に発見して適切な治療が必要です。


Np.208 難産(Difficult delivery)

日本人にとっては犬は安産だという認識があると思いますが、現代では都市伝説です。従来日本にいた犬種は比較的体が大きく(小型犬とされる柴犬でも5kg以上)、体型もお産に適していました。パグやブルドッグ、シーズーなどの短頭種、チワワやティーカップ・プードルなどの超小型犬種については、母犬の産道に比べて赤ちゃんの頭が大きく、難産になることがしばしばあります。また、胎児が病気だったり、お母さんが体調を崩していても難産になることがあります。

一般的に以下に当てはまる場合は、帝王切開になる場合があります。
・短頭種、超小型犬種
・予定日から10日過ぎても生まれない
・直腸温の低下後、24時間経過しても陣痛が起こらない
・強い陣痛が30分以上あるが産まれない。
・微弱で休息期の長い陣痛が4~6時間続く
・緑色の液体排出(胎盤剥離の徴候)
・二次破水から1時間たっても産まれない
・母犬が激しい痛みを示している

動物の帝王切開はヒトと違って全身麻酔が必要になり、リスクが伴います。麻酔薬が胎盤を通って赤ちゃんの体や脳に入るため、赤ちゃんはスリーピングベイビーと呼ばれる眠った状態、もしくは呼吸が弱くなって生まれてくる場合がほとんどです。母親や胎児の状態が悪くならないうちに適切に判断して行うことが必要です。


No.207 犬の出産(Delivery)

犬の出産の流れについてご説明します。犬の妊娠期間は56~72日と幅がありますが、平均して63日です。交配した日がわかれば、出産予定日を予測できます。交配後30日くらいで超音波検査で妊娠の確認をして、出産予定日の1週間くらい前にはレントゲン検査で頭数と骨盤の大きさを確認し難産になりそうかを判断します。

出産の準備としては、静かな落ち着ける場所、産箱、体温計、助産が必要になったときのため、清潔なタオル、ハサミ、ドライヤー、バケツ、消毒薬、絹糸、体温ぐらいのお湯なども必要です。また、予定日の1週間くらい前になったら、母犬のお腹の毛を刈って赤ちゃんが母乳を飲みやすくしておきます。

通常、出産の1~2日前から落ち着きがなくなります。寝所を探し、注意深い行動をとるようになり、食欲も減少します。分娩直前12~24時間になると巣づくり行動をします。妊娠末期に起こるホルモンの濃度の変化によって、分娩8~24時間前に体温が急激に下がります。定期的に計っていると、分娩約1週間前くらいから直腸温の変動が始まり、個体差はありますが、小型犬で35℃、中型犬で36℃くらいまで下がります。大型犬では37℃以下になることはまれです。

出産の流れ
第1ステージ:身体が出産の準備をするステージで、体温が低下してから6~12時間続きます。舌を出してハアハア息をしたり、寝床を作り直したりします。体温を上げるための震えが見られる場合もあります。まれに吐くこともあります。
第2ステージ:直腸温が上昇し平熱、あるいはやや高温を保ちます。子宮が収縮するため、お腹に力が入ります。陣痛が始まると通常ならば一次破水が起こります。胎仔は外側に尿膜(黒っぽい膜)、内側に羊膜(白っぽい膜)と二重の胎膜に包まれていて、それぞれに胎水が存在します。一時破水は尿膜が破れることによって起こります。これにより産道は潤滑になり胎仔の娩出が助けられます。二次破水は羊膜が破けることで起きますが、そのまま娩出されることもあります。通常は娩出された時点で母犬が胎膜を破り、臍帯を噛み切って胎仔を舐めてきれいにします。ここで注意するべき点は、この作業を母犬がきちんとしてくれるかどうかです。分娩したまま何もしない場合は、ヒトの介助が必要です(助産、下記参照)。ただし、これはあくまでもやむをえない場合に限り、なるべく母犬に任せるようにします。全て娩出し終わるまでに、平均1頭あたり20~40分を要します。2時間以上間隔があくような時には病院にご連絡ください。
第3ステージ:それぞれの赤ちゃんの娩出後15分以内に胎盤が出てきます。必ず胎盤を確認します。胎盤がでてくる前に次の赤ちゃんの第二ステージが始まることもあります。とても吐きやすい時期でもあるため、胎盤はなるべく食べさせないようにしてください。誤嚥性肺炎を起こしてしまうことがあります。

最初の赤ちゃんに一番時間がかかり、その後は5~120分くらいで次の分娩が始まります。
赤ちゃんの数だけ第2ステージと第3ステージを繰り返し、6時間程度ですべての赤ちゃんが生まれますが、長いと12時間以上かかることもあります。

助産:母犬が赤ちゃんの面倒を見ない場合は、ヒトの介助が必要です。赤ちゃんが生まれたら羊膜を破り臍帯を切ります。臍帯の白線を確認し、白線の赤ちゃん側に絹糸などで結紮をして、ハサミで胎盤側を切ります。次にタオルで赤ちゃんを自分と向かい合うように包み、軽く振って羊水を出します。その後産湯を使い、タオルやドライヤーで乾かしたら初乳を与えます。

また、猫の場合は出産前の健診は犬と同様に行いますが、出産時にヒトが介入する必要は基本的にはありません。臍帯切りや産湯などをしてしまうと、お母さん猫の赤ちゃんへの興味が無くなってしまうことがあります。落ち着ける場所や産箱を用意して、お母さん猫に任せるのが基本方針ですが、万が一の時ために、助産の準備は犬と同じようにしておきます。


No.206 食べるのに痩せる場合

食べるのに痩せるという場合は消化器の病気を疑いますが、他の疾患であることもあります。単純なものは間違ったダイエットや食事量のミスによるカロリーの摂取不足、同居動物に食事を取られてしまっている場合などもありますが、食欲はあるのに痩せてきている状態がみられたら、以下のように原因を探して行きます。

1.便検査:便検査は消化器疾患の検査の基本の1つで、消化管内寄生虫疾患の発見や消化の状態を把握するために、身体一般検査と共に最初に行われる検査です。消化管内寄生虫がいても必ずしも下痢や嘔吐などの症状があるとは限りません。現在では、下痢を誘発する通常の便検査で発見できないような寄生虫や細菌、ウィルスをPCR法検査(遺伝子検査)によって診断することも可能です。
2.症状とシグナルメント(動物の年齢・性別・品種・雌雄など):次に体重減少以外の症状を探します。とくに吐出がある場合は巨大食道症などの食道疾患を、小腸性の下痢がみられる場合には消化管疾患を疑います。下痢や嘔吐がみられない場合でも消化管疾患がある場合があります。消化管疾患が原因でない場合は糖尿病、猫では甲状腺機能亢進症などの代謝性疾患を疑います。これらは血液検査で診断します。
3.特徴的な症状やシグナルメントがない場合:特徴的な症状やシグナルメントがなく病因が絞り込めないときは、やはり消化器疾患を疑います。膵外分泌不全吸収不良症候群炎症性腸疾患(IBD)を考えます。膵外分泌不全は血液検査で診断可能ですが、吸収不良症候群や炎症性腸疾患の診断には内視鏡による腸の細胞の生検が必要です。
4.その他:その他に考えられる疾患には、腫瘍全身性の炎症疾患に伴う悪液質(悪性腫瘍による、体重減少、低栄養、消耗状態)が挙げられます。これらは食欲不振を伴うことも多いですが、食欲が落ちない場合もあります。腫瘍が原因の場合は通常、大きな腫瘍がみられます。触診や画像診断でとらえられない腫瘍、骨髄腫リンパ腫の可能性も考えます。

このように、身体一般検査検査、便検査、血液検査、レントゲン・超音波などの画像診断、内視鏡検査などを状態に応じて使い、正確な診断をします。原因が複数の場合もあります。
以下もご参照ください
No41 1日当たりのエネルギー要求量(DER)
No40 ボディ.コンディションスコア(BCS)
No78 猫の甲状腺機能亢進症
No139 高齢猫の体重減少


No.205 第18回 飼主様向けセミナー ご質問への回答

飼主様セミナーでのご質問への回答です。

Q:家のチャイムが鳴って吠えるのはどうゆう気持ちなのでしょうか?ドアを開けたら静かにしてます。来客の顔を見てさっさと戻っていきます。
A:警戒心で吠えている可能性が高いです。治療はクレートトレーニングが効果的です
No196クレート
No197クレートトレーニング

Q:家猫で恐がって外に出ないのですが、外に出す必要はないのでしょうか?
A:都会では事故などの可能性が高くなるので、お家の中で良い環境を作ってあげて下さい

Q:眼や耳が不自由な動物とのコミュニケーションの取り方は?
A:老化が原因なら、まずはアクティベートというお薬を使ってあげて下さい

Q:Dog Whispererの正しい解釈は?
A:
ソファーの話;お客さんが怖いであのような行動を取ります。治療は犬の眼を見ないでお客さんからおやつを与えてもらうことから始めます。
トースターの話;トースターが怖いのです。治療はトースターと距離をおいておやつを与えるところから始めます。
No16学習その3 オペラント条件付け1
No17学習その4 オペラント条件付け2学習まとめ

Q:犬の散歩中にいつも猫にケンカを売られます。犬と猫はコミュニケーションが取れないのでしょうか?
A:犬と猫のコミュニケーションは可能ですが、同じ猫とのトラブルなら、お散歩コースを変えるのが一番良いです。

Q:犬の寿命、認知症の薬について
A:小型犬なら20歳の犬も珍しくなくなってきました。認知症には、アクティベートをまずは試してください

Q:猫が犬にちょっかいをかけてしまします。犬と猫を飼う場合の工夫、環境の整え型は?
A:猫が運動不足の可能性があるので、犬のいないところで、猫とたくさん遊んでみて下さい。環境の整備は、状況、関係性によって様々ですが、犬も猫も1匹で落ち着ける場所が必要です。また、安心して食事や睡眠、排泄が出来る環境を考えてあげて下さい。運動不足にならないようにすることも大切です。

Q:猫が爪とぎをふすまの縁に場合は、爪とぎをどこに置いたら良いでしょうか?
A:木製の爪とぎを、可能ならそのふすまの縁に置いてください

Q:犬、猫同時に飼う場合、多頭飼い、先住の動物がいる場合の新しい動物を入れる際の留意点は?
A:まずは十分なスペースが必要です。皆が安心して食事や睡眠、排泄が出来る環境が必要です。新しい動物を入れる場合は、すぐには会わさず、隣の部屋でお互いが見えないところでおやつをあげるところから始めて下さい

Q:走っているオートバイに対して吠えるときの対処は?
A:オートバイの音を聞かせておやつをあげるところから始めて下さい。飛びかかろうとするような犬は、イージーウォークハーネスなども利用してください

Q:フードの選び方と発色剤は入ってない方が良いですか?
A:選び方は、年齢、犬種、持病、飼主さんの事情によって様々です。発色剤の使用は無いに越したことはありません。