No.130 犬や猫が吐くとき2(Reverse)

今回は「吐く」という症状の中、最も一般的な嘔吐において、こんな場合は要注意というお話です。前回書いたように、嘔吐と言っても原因はなかなか複雑です。以下のようなときは、早目の来院をおすすめします。

何回も繰り返す
月1~2回ぐらいの嘔吐で、その後ケロッとして元気であれば様子をみてもよいですが、週に2~3回以上吐くようならきちんとした検査が必要です。
腹痛がある
苦しそうに背中を丸めていたり、腹部の緊張が強い場合は腹痛の可能性があります。腹痛を伴う嘔吐は危険な兆候です。胃腸炎の他、各種の結石・尿閉などの泌尿器疾患も考えられます。
呼吸が悪い
嘔吐と共に短く浅い呼吸をしている時は、急性腹症(急激な腹痛によって緊急手術の適応か否かの判断が要求される症候。消化管穿孔、胃捻転、腸捻転、胆嚢破裂、腹膜炎、急性膵炎など)の可能性があります。すぐに病院へ。
吐いたものに異物がある
おもちゃの破片や植物など、食事以外の異物が混入している場合。
赤や黒っぽいものを吐く
少量の血が混じっていたり、重い潰瘍や腫瘍では、出血で嘔吐物がコーヒー色になっていることがあります。潰瘍や腫瘍、感染症などを疑います。
黄色っぽいものを吐く
よく誤解されていますが、黄色ものは胃液ではありません。肝臓から十二指腸へ分泌されている消化液の胆汁です。胃よりも深いところの問題を示唆します。肝胆道系疾患、膵疾患を疑います。
異臭がする
血の臭い(潰瘍・腫瘍)や便の臭い(腸閉塞)、酸っぱい臭い(膵炎)など、異臭にも注意が必要です。
他の症状がある
上記の腹痛や呼吸が悪いこと以外にも、下痢や発熱、食欲不振など、嘔吐以外にも症状を伴う場合は緊急性が高い場合があります。

また、フェレットでは犬や猫と同じように考えてもおおむね間違いはありませんが、ウサギやチンチラは食道の筋肉の構造上、吐くことが難しいので、吐いているときはかなり悪い状態です。すぐに適切な対処が必要です。

以下もご覧下さい

No.26 嘔吐と吐出
No.27 猫の毛玉症と猫草

カテゴリー: 未分類

No.129 犬や猫が吐くとき 1 (Reverse)

「吐く」は飼主さんにもすぐわかる症状です。犬猫は胃が横向きになっており、胃液も濃いので吐きやすい動物です。犬猫が吐いている場合には、まず「吐き出し(吐出)」なのか「嘔吐」なのかを考えます。また、似た症状で「嚥下困難」があります。この違いからだけでも、食べ物を吐き出した原因がどこにあるのか、ある程度、鑑別をつけることができます。以前にも、嘔吐・吐出のことは書きましたが、今回はもう少し詳しく解説します。

・吐き出し(吐出)
胃に達する前の食道に詰まったものを吐き出すことで、吐いたものは胃まで達していないため未消化の状態です。あまり大きな前触れがなく起こる場合が多く、唾を飲み込めないような様子が見られることがあります。
原因は主に食道にあり、頻繁な場合には、食道炎、食道狭窄、巨大食道症、血管輪異常(右大動脈弓遺残症)、食道の腫瘍などを考えます。

・嘔吐
胃に達した物が腹壁の収縮を伴い吐き戻されることで、吐いたものの消化が始まっている状態であることをいいます。犬猫が嘔吐をする際には吐き気やよだれが見られることがあり、不安そうな様子を見せることもあります。また吐いた物には、通常、白っぽい場合(唾液)、透明な場合(胃液)、黄色っぽい場合(胆汁)がありますが、血液が混ざると赤や黒いもの、コーヒー色のものが混ざります(吐血)。
嘔吐は、空腹時、早食いや、食後の急な運動などでも起こりますが、異物の誤食(猫の毛玉症もこちらに相当します)、胃腸炎、肝胆道系疾患、腎疾患、膵炎、潰瘍、腫瘍、脳神経系の病気なども考慮しなければなりません。

・嚥下困難
上手く食べ物が飲み込めないために食べ物を吐き戻してしまうことで、口の中、咽頭、食道の上部に問題がある場合に起こります。ゴクンと飲み込むことができず吐いてしまう状態です。
主な原因は歯周病、咽頭部の炎症・腫瘍・神経の問題、破傷風、日本では約50年発生はありませんが狂犬病などでもみられます。

以下もご覧下さい
No.26 嘔吐と吐出
No.27 猫の毛玉症と猫草

カテゴリー: 未分類

No.128 冬に気をつけたいこと

11月になり寒い日が多くなってきました。冬は寒さと乾燥に注意が必要です。ヒトよりも地面に近いところにいる場合が多い動物は寒さに敏感です。体が冷えると各臓器の力が弱まり、免疫力が下がったり血圧が上がったりして良い事はありません。また、乾燥は粘膜を乾かし細菌やウィルスへの抵抗力を低下させます。ヒトでも湿度50%以上の環境にいれば、インフルエンザウィルスの感染をかなり防げるといわれています。

犬、猫、フェレット、ウサギ、モルモットで実際に推奨される温度・湿度は、品種や年齢、健康状態にもよりますが、室温18~25℃前後、湿度は40~60%くらいです。とくに幼齢・高齢の場合は室温を20℃以上で24時間一定にしておくべきでしょう。ペットヒーターなど、狭い区域を温めるものを使用しても良いのですが、あくまでもエアコンの補助と考えてください(低温火傷にも注意してください)。また、乾燥を防ぐため、多くの場合は冬場は加湿器も必要です。

ハムスターの場合は、湿度は40~60%くらいでよいですが、前述の動物たちより寒さに弱いので室温は20~26℃にして下さい。とくに、室温が5℃以下になっていたり、昼間の温度と夜の温度差が5℃以上あったりすると、寒さに対抗するために消耗をできる限り少なくしようとした結果、疑似冬眠といって冬眠しているような状態になってしまうことがあります。もともとハムスターは冬眠をする動物ではありません。疑似冬眠は非常に危険な状態です。もし、なってしまったらすぐに病院で適切な処置を受けてください。とくに体力が落ちてくる1歳半以上のハムスターでは22℃以上の環境が良いでしょう。

小鳥も寒さや温度変化に弱い動物です。暖かめの環境、温度20~32℃、湿度50~60%が必要です。やはり、幼鳥・老鳥・病鳥などでは、少し温度を高め28~32℃くらいにしてあげてください(ヒトにとっては暑すぎますが)。とくに、小鳥が膨らんでいたり、羽を立たせていたりする場合は、すぐに温度を上げましょう。これは体温を失いたくないために、羽を膨らませて体温が逃げるのを防いでいる状態です。このような症状を見せ始めたら、相当悪くなっている場合があります。なるべく早く受診してください。

また、チンチラはもともと標高の高い高地の岩場の涼しい環境に住んでいたウサギの仲間です。暑いのは禁物。温度15~20℃、湿度40%ぐらいが快適です。

よくある事故は、エアコンを使用せず、ペットヒーターや毛布などのみで、寒さ対策をしている場合に起こります。必ずエアコンを使用しましょう。

動物種、その動物の状態によって快適な環境は違いますが、上記のことも参考にして寒い冬に対処してください。

以下もご覧下さい
No42:冷えについて

カテゴリー: 未分類

No.127 小鳥の腹囲膨大

セキセイインコや文鳥などの小鳥でお腹が膨らむ腹囲膨大はよくある症状です。原因にもよりますが、外見上、腹囲膨大が認められるときには重症になっている場合も多いので注意が必要です。

診断の手順としては、まずは腹部の触診と強い光を当てるライティングという検査をします。その次にレントゲン検査、場合によってはバリウムを使った消化管造影を行います。必要であれば超音波の検査も行います。血液検査が必要な場合もあります。

腹囲膨大は生殖器疾患と生殖器以外の疾患に分けられます。生殖器疾患には、卵塞(卵詰まり)、腹壁ヘルニア、卵管蓄財症、卵黄性腹膜炎、卵巣・卵管の腫瘍、精巣腫瘍などがあり、非生殖器疾患は肝・胆嚢疾患、腹水、腎臓腫瘍、その他の腹腔内腫瘍などがあります。その中から、よくみられる卵塞と腹壁ヘルニアの原因と治療について簡単にご説明します。

・卵塞(卵詰まり)
原因:寒冷などの環境、ストレス、Ca不足、ホルモン異常、高齢など様々です。小鳥は排卵後24時間以内に産卵するのが正常です。また、長時間の卵の停滞は腎臓を傷めることがあります。
治療:卵が卵殻腺から膣部にある場合は卵圧迫排出処置が可能です。指で卵を押して強制的に塞卵を排出させる方法です。しかし、圧迫により卵が総排泄腔に向かわない場合は、卵管上部あるいは卵管外にある可能性があり卵圧迫排出は困難です。この場合は全身麻酔下の手術による卵の摘出を行 います。ご自宅で無理に卵圧迫排出処置をすることは非常に危険です。絶対に行わないでください。

・腹壁ヘルニア
原因:腹筋が切れたり緩んだりすることで、皮下へ臓器が出てきた状態です。過度の産卵や慢性発情によるエストロジェンの過剰が原因といわれていますが、明確にはわかっていません。通常、皮膚は黄色くなり肥厚します(キサントーマ)。
治療:全身麻酔下の手術でヘルニアを整復しますが、重症なもの経過が長い場合には再発も多いです。

腹囲膨大は小鳥によくある症状ですが原因は様々です。気がついたら早めの受診をおすすめします。

セキセイインコの卵塞(卵詰まり)

カテゴリー: 未分類

No.126 犬のしつけのコツ (Training)

しつけのことを簡単に説明するのは困難ですが、すぐに実践できるコツを書いてみます。
まずは、飼主さんが主導権を握りリーダーになることが重要です。このときのコツは、暴力・怒り・緊張などのネガティブな感情をださないことです。リーダーには威厳が必要です。泣いたり、喚いたりなどのマイナスの感情をあらわにすることは、犬からリーダー失格の烙印を押されてしまいます。
次に根気強く行うことが大事です。しつけには時間と忍耐が必要です。ヒトの子供のしつけだって大変なのですから言葉を話せない犬ではなおさらです。すぐに結果が出ないのは当たり前です。焦りは禁物。新しい事にチャレンジするときは、毎日10分~15分間の短時間、集中して反復練習を続けてみてください。
また、ご褒美(おやつ・褒める)をうまく使うとしつけははかどります。ご褒美のタイミングは良い事をした直後です。直後でないと犬はなぜご褒美を与えられたのか理解できません。小さい事でもよいから良い事をした直後はご褒美を与えてあげて下さい。叱るときも同様です。悪いことをした直後に叱って下さい。このとき叩く必要はありません。大きな声で「ダメッ!」「イケナイッ!」と言えば十分です。過度に甘やかさず、優しさと厳しさ、誉める・叱るのメリハリを意識してください。<br> それから、飼主さんが同じ態度、同じ言葉で接することも必要です。同じ事をしても、ご褒美が貰えるときとそうでないときがあったり、誉めるとき、叱るときの言葉や号令がそのたびに違うと犬は混乱します。家族みんなで言葉や号令、出来ればトーンも統一しましょう。
最後に一番大切なのは、しつけを楽しく行うことです。飼主さんが楽しんでいると犬も楽しくなります。かけがえのない愛犬との出会いと、過ごせる毎日の幸せを楽しんでください。

しつけの具体的な方法についてはメルマガバックナンバー
No14:学習その1 馴化、洪水法、脱感作
No15:学習その2 古典的条件づけ
No16:学習その3 オペラント条件づけ1
No17:学習その4 オペラント条件づけ2 まとめ
もご参照ください。

カテゴリー: 未分類

No.125 去勢手術・不妊手術 (Castration・Spay)

去勢手術・不妊手術のメリット、デメリットを解説します。

まずはメリットとして
・将来の病気の予防となる
雄の場合:前立腺肥大、各種の精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア
雌の場合:乳腺腫瘍、卵胞嚢腫などの各種の卵巣疾患、子宮蓄膿症などの各種の子宮疾患
やっかいな病気が多いです。
・発情に関する問題がなくなる
猫の過発情などの原因は卵巣疾患ですが、動物の性欲は1次本能です。1次本能とは、ヒトにおける食欲、睡眠欲などの生きていく上で我慢が難しいものをいいます。ヒトには理性があり性欲をコントロールしていますが、動物では性欲は食事や睡眠と同じくらい抑えるのが困難な本能です。『発情している時に交配出来ないのは、お腹が空いている時に目の前にごちそうを出されて食べてはいけないと言われている状態』と例えられます。適切な時期に去勢・不妊手術を行うことで動物も心の安定を得られます。
・問題行動の発生の可能性が減る
雄猫のスプレーや雄犬の攻撃性などの発生の可能性が減少します。
・飼い主のいない子供が生まれなくなる

デメリットとしては
・子供が得られなくなる。
・全身麻酔下の手術が必要
・太りやすくなる
・雌犬の攻撃性が増進される場合がある(稀)。

上記のようなことを鑑みて、最終的には飼主さんの判断になりますが、極端に言えば『子供を得たいかどうか』この1点に尽きると思います。子供がいらないのであれば手術をしてあげた方がヒトも動物も快適に過ごせると思います。 そして手術を受けるなら、生後5ヶ月目~7ヶ月目くらいがお勧めです。乳腺腫瘍や問題行動に関しては、この時期を逃すと病気や問題の発生率が上がります。

カテゴリー: 未分類

No.124 夏に気をつけたいこと

今年の夏も熱いですね。以前にも書きましたが、犬、猫、うさぎ、フェレット、ハムスターなどは、室温25℃以下、湿度60%以下の環境が理想です。横浜の夏は、動物が快適に過ごすために扇風機だけではなくエアコンの使用が必要です。

この時期に多くみられる熱中症の症状は、高体温、あえぎ呼吸と呼吸困難、舌や粘膜が鮮やかな紅色となり、唾液は濃く粘っこくなります。嘔吐・下痢が始まる場合もあります。
症状が進むと脱水が起こり、腎前性の高窒素血症となり、痙攣、シヨック、虚脱、DIC(播種性血管内凝固)という状態になり死亡します。とくに高齢動物、持病のある場合、短頭種などは注意が必要です。
熱中症にまではなっていなくても熱さ負けをして、貧血、白血球の上昇、痒みなどが出てきている動物も多く診ます。
お散歩も涼しい時間に行くのは当然ですが、日が落ちてすぐだとアスファルトがまだ熱を持っていて肉球を火傷することもあります。

また、熱さとは直接関係はありませんが、花火などの大きな音に対して恐怖心がある動物も対応が必要かもしれません。お心当たりの方は早めにご相談ください。

ヒトと同様に動物でも高齢化の波が押しよせています。成犬や成猫の1年はヒトの4~5年に相当します。去年は大丈夫だった環境が今年はダメということがよくあります。温度に注意して健康に熱い時期を乗り切ってください。

カテゴリー: 未分類

No.123 下痢 (Diarrhea)

下痢は日常によく遭遇する症状ですが、犬や猫が下痢をしている時に獣医さんが一番最初に考えることは大腸性の下痢なのか小腸性の下痢なのかということです。通常は犬では大腸性の下痢が起こることが多く猫では小腸性の下痢が多いです。

大腸性の下痢の便は
・1回の便の量が少量で通常時に比べて回数が増える
・粘液が混じる
・出血がある場合は鮮血が付く
小腸性の下痢の便は
・1回の便の量が大量で回数は通常時と変わらない
・粘液は混じらないことが多い
・出血がある場合は潜血となり黒っぽい便になる
まずは上記のような特徴から判断します。

主な原因としては
大腸性の下痢:食べ過ぎ、誤食、各種の感染症、食事に対するアレルギ-、腫瘍etc
小腸性の下痢:リンパ管拡張症、形質細胞性腸炎、膵臓や胆嚢の異常、ホルモンの異常、各種の感染症、腫瘍etc
このように両者とも原因は様々ですが、一般的に嘔吐や食欲不振などの他の症状がなければ大腸性の下痢の方が症状が軽い場合が多く治療も簡単なケースが多いです。一方小腸性の下痢は原因が複雑で診断・治療に時間がかかることがあります。大腸性の下痢なのか小腸性の下痢なのかを判断することは、必要な検査の選択、治療内容や予後を考えるときに大きな指針となります。

また、ウサギ、チンチラ、ハムスタ-、リス、ジリスなどのげっ歯類、普段あまり下痢をしない動物が下痢をしている場合は非常に危険な兆候です。一刻も早い処置が必要なことが多くあります。とくに若齢の動物は早目に動物病院を受診してください。

カテゴリー: 未分類

No.122 熊本地震

 このたびの熊本県を中心とした群発の大地震に被災された方々と動物たちのご無事と、被災地の一刻も早い復興をお祈りします。

3月14日から10日間が経ちましたがその間に1000回に近い数の地震が来るなんて想像もできません。現地の方々のご苦労と不安は相当なものでしょう。人間が優先なのは仕方ないにせよ動物たちのことも気になります。

横浜市に在住の方でも、熊本県や周囲が地元だったりご親戚やお友達がいらっしゃる方は少なくないと思います。

できることから支援していこうと21日から受付に募金箱を設置させていただいております。すでに募金をして下さったかたもいらっしゃいます。ありがとうございます。

被災地の人々、動物たちが1日でも早く安心して暮らせる日常を取り戻せるように願っています。

カテゴリー: 未分類

No.121 体表リンパ節の腫大 (Swelling of a lymph node)

リンパ節はリンパ液が流れる管が集まった場所で体の内外のあちこちにあります。主な役割はリンパ管の中を流れる病原体、毒素、老廃物などを取り除きリンパ液を濾過することです。また、骨髄で作られたリンパ球を一時的にストックして成熟させる働きもあります。リンパ節のうち体の表面にあって触ることができるものを体表リンパ節といいます。

主な体表リンパ節は、下顎リンパ節、浅頚リンパ節、腋窩リンパ節、鼠径リンパ節、膝窩リンパ節です。

下顎リンパ節以外は、よほど注意深く触らない限り、正常時はわかりません。これらの体表リンパ節が腫大した場合は、FNA(穿刺吸引細胞診)などによりリンパ節内の細胞を観察しどのような原因で腫れているのかを調べます。体表リンパ節腫大の主な原因は下記の4つです。
正常なリンパ節:成熟リンパ球が大多数を占め(70-90%)、比較的少数の中型のリンパ球やリンパ芽球(若いリンパ球)が混在する球集団として観察され、マクロファージ(単球から分化し老廃化した自己細胞を細胞内に取り込んで消化処理する働きと、ヘルパーT細胞へ微生物が体内に侵入してきたことを知らせる抗原提示の役割があります)や形質細胞(炎症細胞の代表選手で、液性免疫の主役である免疫グロブリン産生を担っています)も少数みられます。
1.反応性過形成:多数の形質細胞が認められる。炎症反応はみられない。
2.リンパ節炎: 5%以上の好中球や好酸球の増加。全身的な炎症反応の存在、元気、食欲の低下。リンパ節の疼痛が認められる。
3.リンパ腫:リンパ節内に中~大型のリンパ球(リンパ芽球)の割合が80%を超えて認められる。炎症細胞が存在することもある。
4.他の腫瘍のリンパ節転移:均一なリンパ球集団の中で小集塊を形成して、あるいは孤在性に存在し周囲の細胞とは異なって見える。

FNAなどの簡単な検査ではっきりしない場合は、手術によりリンパ節を摘出し組織生検を行います。

今回は難しい単語が多くなりましたが、簡単にまとめると

体表リンパ節の腫れを見つける→リンパ節に針を刺して中の細胞を調べる→はっきりしない場合は手術でそのリンパ節を取って調べる

という流れになります。体表リンパ節がはっきりと触れる場合、普段と違うなと感じた場合は早目にご相談くだ

カテゴリー: 未分類

最近の投稿