No.449 犬の前立腺肥大症

前立腺肥大症とは前立腺が大きくなり2次的に様々な障害を引き起こす病気です。去勢をしていない6歳以上の雄犬に多く(若い犬でも起こる場合もあります)、原因は精巣から分泌される男性ホルモンの乱れが原因だと言われています。

2次的な障害
1.排便障害
肥大した前立腺が直腸を圧迫することで起こります。便が細くなったり、しぶりが生じます。
2.排尿障害
肥大した前立腺が前立腺の中央を通る尿道を圧迫することで起こります。尿が出にくくなる為少量の尿を何度もする頻尿になります。ヒトではこのタイプが多いですが犬では比較的稀です。
3.後肢の跛行
肥大した前立腺が腹腔内で大きくなり、後肢の歩行に影響を与えます。
4.前立腺炎、前立腺膿瘍
肥大した前立腺は、炎症を起こす場合があります。血尿や、排尿時に痛みが現れます。とくに前立腺膿瘍になると治療が大変になります。
5.会陰ヘルニア・鼠径ヘルニア
肥大した前立腺が骨盤腔を占領する為、追い出されるように腸や膀胱等が筋肉を破って逸脱してしまいます。また。高齢になると男性ホルモンの乱れが筋萎縮を促進させ、ヘルニアを起こしやすくなります。

2次的な障害があると症状に出ますが、肥大するだけでは無症状のことが多く、健康診断や診察時(超音波検査、直腸検査、レントゲン検査など)に発見されることが多いです。

治療や予防は去勢手術です。薬もありますが、止めると再発しやすいです。

こちらもご参照下さい
No.322 去勢手術 (Castration)
No.177 犬の化膿性前立腺炎(前立腺膿瘍)
No.116 会陰ヘルニア(Perineoceie)


犬の前立腺肥大症のレントゲン写真


No.448 尿酸アンモニウム結石

尿酸アンモニウム結石は、ダルメシアンに多くみられる尿路結石です。稀にブルドッグにもみられます。

生物は食物に含まれるタンパク質の構成成分であるアミノ酸代謝の過程において、最終的に窒素を濃縮して体外に排出します。ほとんどの哺乳類は、その代謝経路でできる尿酸をアラントインという物質に変える酵素(尿酸オキシターゼ)を持っているので、水に溶けにくい尿酸を水に溶けやすいアラントインという物質に変えてから体外に排出します。しかし、ダルメシアンは尿酸をアラントインに代謝することなく、尿酸のまま体外に排出します。そのため水に溶けにくい性質の尿酸は結晶になりやすく、高尿酸血症という状態になると尿路結石、尿酸アンモニウム結石ができやすくなってしまいます。

ダルメシアンだけがどうして尿酸を代謝できなくなってしまったのか、その理由は明らかになってはいませんが、ダルメシアンの特徴的な斑点を作り出した遺伝子と、何らかの形で関係しているのではないかといわれています。

オスの方が高尿酸血症の症状が出やすく、6歳以上のオスの34%に何らかの症状が出ているという報告があります。具体的な対処として有効なのはプリン体への対策です。プリン体というのは、穀物、肉、魚、野菜など食物全般に含まれる成分で旨みの成分にあたります。また身体の中でもプリン体は生成・分解されています。通常、プリン体は分解されて尿酸に変化し体外に排出されますが、尿酸量が排出能力を超えてしまうと、体内に蓄積されてしまいます。

プリン体は、レバーなどのモツ類、鮭、鯖、鰯、鰹、海老などに多く含まれていますので、ドッグフードの材料を選ぶときは注意しましょう。プリン体が少ない食品は、アスパラガス、ベーコン、カリフラワー、うなぎ、魚、豆類、肉では、鶏肉、ラム、豚肉、ハムです。マッシュルームなどのキノコ類、グリーンピース、ほうれん草などもプリン体は低いです。このような比較的プリン体の少ないフードを与えることがポイントです。また水分を補給し、かつ栄養バランスもよいフードを与えたいなら、ドライフードよりも手作りフードの方がオススメです。鶏肉おじや、鮭おじや、豚肉おじや、ラム肉おじや、鶏肉の煮込み、肉じゃがなどを味付けせずに与えてみて下さい。

また、水分補給も大切です。老廃物を身体から尿として排出するには、摂取する水分量をこれまでより増やし、尿を酸性にしないことが肝心です。適切な水分量を自宅で知るのには尿の色を見るのがポイントです。濃い黄色のときは水分不足が考えられますので注意しましょう。尿比重を1.020以下にすると結石はでき辛くなります(尿比重が下がると尿路感染症のリスクは上がります)。水を充分に飲ませるには、冷たい水より少し温めたぬるま湯にしたり、野菜や肉の茹で汁を加えてあげると喜んで飲んでくれる場合があります。水道水ではなく、PHの高いミネラルウォーターを飲ませれば体内の老廃物をきっちりと排出してくれます。

繰り返す場合には、アロプリノールという薬を使う場合もあります。あまりに多くの結石がある場合は外科手術も考慮します。


ダルメシアンは尿酸アンモニウム結石ができやすいです


No.447 セキセイインコののメガバクテリア症 (マクロラブダス症、AGY)

メガバクテリアは、現在ではマクロラブダス症、AGY(Avian Gastric Yeast)と呼ばれていて真菌の一種です。1982年にアメリカで発見されすでに世界中に蔓延していています。日本でもAGYに感染した鳥のいないブリーダーを探すのは困難です。 多くの鳥種で感染が確認されていますが、最も問題となるのはセキセイインコで急性に死亡する例も少なくありません。

原因は、ヒナの時期に親鳥から感染を受けたものがほとんどと考えられています。 健康な個体は自分の免疫力でAGYの増殖を抑えているため、感染していても無症状で経過することがほとんどですが、ストレスで免疫力が落ちて発病したり、また他の病気の経過中に合併症として発病することがあります。 ペットショップで購入した後に、環境の変化によるストレスで発症するケースもよくあります。

症状は急性型と慢性型があります。
急性型:元気な鳥が突然嘔吐や吐血を示し、体を膨らませて数日以内に死亡します。救命が困難です。
慢性型:嘔吐や未消化便・下痢便などの消化器症状を表しながら徐々に痩せていきます。体重が25g以下に痩せてしまうと危険な状態になることが多いです。

診断は糞便を顕微鏡で観察してAGYを見つけます。1-2回の検査で見つからない事もあります。最初の治療は14日間抗真菌薬を与えます。しつこい場合も多いです。治療が遅れ胃の障害が大きいと メガバクテリアが糞便中から消失しても症状が治りません。メガバクテリアは胃の粘膜に侵入するため、排泄量が少なくても必ず処置をしたほうがよいでしょう。メガバクテリアも早期発見・早期治療が重要です。


糞便中のAGY


No.446 湿潤療法

湿潤療法はうるおい療法とも呼ばれていて、創傷(傷)に対する治療法で、細胞障害性のある消毒剤や外用薬を用いず、創傷表面を湿潤な状態に保つ被覆材を用いながら治癒を促進するという治療法です。

傷は痛くても消毒し、乾いたガーゼをあて、乾燥させて痂皮(かさぶた)が出来て治るものだという考え方が古くはありました。しかし、これは創傷治癒の論理から考えて間違いです。傷が治癒していく課程では線維芽細胞などの生きた細胞が傷を覆い、さらに表皮の細胞が覆ってゆくという流れがあります。

ここで重要なのが「生きた細胞」です。傷が乾燥すると、乾燥表面では細胞は死んでしまいます。このような環境下では治癒のために必要な細胞は、死んだ細胞や壊死物である痂皮の下をゆっくり進んでいくしかありません。このような状況では治癒は遅延します。また、消毒という行為にも問題があります。消毒というのは、細菌を殺す目的で行う訳ですが、傷を治そうとする生きた細胞も殺してしまいます。

傷がうるおいを保った状態(湿潤状態)では治癒に必要な細胞は滑るように速やかに創傷部を覆い、また白血球系の細胞が自由に傷の表面を動き回り細菌感染から防御します。さらに様々なサイトカイン、細胞成長因子などが失活すること無く作用できるため、湿潤状態は創傷治癒に非常に有用です。

湿潤療法の方法


傷を優しく洗います(水道水で構いません)
消毒薬は使いません


皮膚欠損用創傷被覆材(イントラサイトなど)を塗布します


ドレッシング剤(メロリンなど)を付けます


乾燥防止のためサランラップなどを巻きます


自着性弾力包帯(コーバン)を巻きます

以上を状態によって、1日に1-3回程度行います


No.445 誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは食べ物や吐物、液体などが気道に混入することで生じる肺炎のことで、犬では比較的遭遇することの多い疾患です。稀ですが猫にも起こります。

主な症状としては、異常な肺音の聴取、急性の呼吸困難、咳、発熱、食欲不振などが生じます。重症度は誤嚥したものや量によって異なり、pHの低い胃酸の炎症が強く引き起こされます。また、誤嚥した量、誤嚥したものに含まれる微粒子(食べ物などの小粒子)にも重症度は依存するとされています。食べ物が含まれる場合には菌の温床となり二次感染が生じやすくなります。誤嚥性肺炎の問題点は感染ばかりではありません。胃酸を誤嚥した場合には以下の3つの病期で肺の障害が進行します。
第一相-気道反応:誤嚥したことにより気管や気管支の浮腫・収縮が強く生じる
第二相-炎症反応:炎症細胞である好中球の動員、肺血管の透過性亢進が生じます。実験的には誤嚥後の4~6時間後に始まるとされています
第三相-二次感染:菌の二次感染により細菌性肺炎が生じます
単純な酸の誤嚥では72時間後に炎症は消退し始めるとされており、第二相までで改善する症例も多く二次感染が必ずしも生じるわけではありません。誤嚥後36時間以上経過して発熱、体温上昇、血液検査での強い炎症反応(白血球の左方移動やCRP上昇)などが認められた際には二次感染が疑われます。

原因・リスク因子としては、以下の様なものがあります。
喉頭疾患:喉頭麻痺、喉頭炎、輪状咽頭アカラシアなど。喉頭麻痺に対する片側披裂軟骨側方化術(Tie-back)の術後は1年で18.6%、3年以内に31.8%で誤嚥を生じると報告されています
食道疾患:巨大食道症、食道運動機能低下
胃腸疾患:嘔吐、IBDなどの慢性消化器疾患
歯周病:誤嚥性肺炎からは歯周病の原因にもなる歯周病原性細菌が多く検出されます
全身麻酔:全身麻酔をかけた犬の0.17%で発生するという報告があります
神経疾患:痙攣発作時、椎間板疾患、下位運動ニューロン障害、重症筋無力症など寝たきりになってしまうと誤嚥することが多くなります
鼻腔疾患:慢性鼻炎(慢性特発性鼻炎、リンパ形質細胞性鼻炎、歯科疾患関連性鼻炎など)
犬種:フレンチ・ブルドッグやパグなどの短頭犬種(短頭種気道症候群)、ダックスフンド、アイリッシュ・ウルフハウンドやラブラドール(喉頭麻痺を生じやすいため)
幼若動物・高齢動物:嚥下の力が弱いため

診断は誤嚥したという状況証拠や基礎疾患の有無とレントゲン検査、血液検査から暫定的に行います。誤嚥性肺炎ではレントゲン検査にて異常を認める肺の位置に特徴があります。犬の場合、気管支の位置や分岐角度などの解剖的な要因から、右中葉、右前葉、左前葉後部に好発します。

治療は主に支持療法を実施します。具体的には、以下のようなことを状態によって行います。
酸素療法:肺炎時には低酸素となることが多く酸素投与が重要です。誤嚥性肺炎の79%で低酸素血症(PaO2<80mmHg)が認められます
気管支拡張剤:第一相の気道収縮期には気管支が強く収縮するため気管支拡張剤の投与を行います
点滴:循環管理のための適度な静脈点滴
抗生剤:二次感染が疑われる場合は抗生剤の投与を行います
利尿剤の投与は禁忌です。肺水腫ではないため、脱水を招き全身状態を悪化させる可能性があります。また、ステロイド剤の投与の有効性は証明されておらず、現時点では推奨されていません。いくつかの報告ではネブライザー療法は推奨がされています。しかし、肺血管透過性が亢進している最中の実施は病態を悪化させる可能性があるため、当院では行っていません。

基礎疾患のない場合は、通常1週間ほどで回復します。誤嚥したものの種類や年齢によっては重症化してしまうこともあります。ある報告では死亡率は18.4%とされており、決して油断はできません。予防で重要なことは誤嚥性肺炎の生じうる基礎疾患をいか管理するかということです。何度も誤嚥性肺炎を繰り返す場合には必ず何らかの基礎疾患があります。慢性鼻炎や歯周病はとくに注意です。


右前胸部の誤嚥性肺炎

こちらもご参照ください
No.392 鼻腔狭窄
No.284 猫の副鼻腔炎
No.101 気管虚脱と軟口蓋過長症2
No.100 気管虚脱と軟口蓋過長症1
No.98 歯周病2
No.97 歯周病1


No.444 急性腹症

急性腹症とは急激に発症し、激しい腹痛を伴う数多くの疾患の総称で、早急に診断・治療(多くは外科手術)を必要とします。原因としては、消化器疾患に限らず泌尿生殖器疾患なども含まれます。どんな動物でも起こる可能性がありますが、犬に多く起こります。

症状は原因、程度によって様々ですが、通常は腹部の痛みを訴え、お腹を伸ばしたり、丸めたりします(背弯姿勢)。また、重症となると動けなくなり、さらに痛みが強い時には、ショック症状(血圧の低下などの循環不全、意識障害)を伴う、より重症の場合もあり、このような状態では、ショックの治療とともに呼吸・循環の管理を行いつつ検査・緊急手術が必要な事があります。

一般的に、急性腹症と考えられる病気・病態には、穿孔性腹膜炎(腸に穴が開いてしまった状態)、腸閉塞、腸重積、胆嚢粘液嚢腫、胆嚢破裂、急性膵炎、脾臓破裂や肝臓破裂による血腹、尿管結石、尿閉、子宮破裂、卵巣捻転などがあり、これらは緊急手術・処置を必要とする場合がほとんどです。

診断にあたっては、体の診察、各種検査だけではなく、病歴、以前にお腹の手術を受けたことがあるか、特殊な薬を飲んでいるかなどの情報も重要です。

いずれにしても、急性腹症は命にかかわることが多いので迅速な対応が必要です。

クリックすると手術時の写真が出ます。苦手な方は見ないで下さい。
急性腹症の1つ胆嚢粘液嚢腫

こちらもご参照ください
No.425 腹腔内出血(血腹)
No.391 腸重積
No.383 尿道閉塞(尿閉)
No.344 犬の胆嚢粘液嚢腫
No.328 尿石症:腎・尿管・膀胱・尿道結石
No.189 膵炎


No.443 認知的不協和理論 (Cognitive dissonance theory)

認知的不協和理論とは「自分が認知していることに2つの矛盾する考えや行動がある場合にストレスを感じる」ことを表した心理学的用語です。例えば、「タバコを吸いたい」という認知と「タバコは身体に悪い」という2つの認知がある場合、「タバコを吸う」欲求と「タバコは吸ってはいけない」という考えに矛盾が生じるためストレスを感じるわけです。

ヒトは、この認知的不協和を解消するために、自分にとって都合が良いように行為を正当化します。この行動を、アメリカの心理学者レオン・フェスティンガー博士は「認知的不協和理論」として提唱しました。

前述したタバコの例でいえば「タバコを吸うのは頭をスッキリさせるため」「タバコを吸っている姿は格好いい」などと考えることで、自分の中で矛盾を解消します。言い方を変えると「つじつま合わせ」や「自己正当化」と言えるかもしれません。

これを病気に置き換えてみましょう。例えば、
「食欲がない」と「病院に行くべき」という認知→「夏で暑いから」と考える
「嘔吐が続く」と「検査を受けるべき」とい認知→「ストレスのせい」と考える
「蚊が出てきた」と「フィラリアの予防をすべき」という認知→「あまり散歩に行かないから大丈夫」と考える

などです。ヒトでも動物でも、認知的不協和が起こると病気の発見を遅らせてしまう場合があります。おかしなことがあれば、あまり様子を見ずに早目の対処をしましょう。


レオン・フェスティンガー博士

こちらもご参照ください
No.229 様子を見る


No.442 卵巣嚢腫

卵巣嚢腫とは、卵巣内に液体が溜まる袋状の病変ができることです。卵胞嚢腫と黄体嚢腫があります。卵胞嚢腫は卵胞が発育して、排卵しないまま卵胞が成長し続けるもので、黄体嚢腫は卵胞嚢腫の卵胞壁が黄体化を起こしたものです。多くの動物で起こりますが、猫やウサギは交尾刺激が無いと卵胞が排卵して黄体が形成されないため、黄体嚢腫の方の発症はほとんどありません。

症状は、卵胞嚢腫ではエストロジェンの作用により発情が持続することが多いです。その影響で、外陰部の腫大や、発情出血などの発情兆候が持続して見られます。エストロジェンの産生が起こらない卵胞嚢腫もあります。その場合は発情兆候が出ませんので発見が遅くなりやすいです。また、黄体嚢腫ではプロジェステロンの分泌により、子宮蓄膿症を併発することがあります。

診断は、腹部超音波検査により卵巣の腫大や嚢胞を確認します。また血中エストロジェン値や、プロジェステロン値を測定することもあります。超音波検査で、卵巣嚢腫と似たような所見がみられる事のある卵巣腫瘍との違いは、病変摘出後の病理検査によって確定診断されます。

治療の第一選択は外科的切除です。手術が選択できない場合は、注射でのホルモン剤投与による排卵誘起処置を行います。ただし成功率は高くないことと、発情毎に再発する可能性が高いです。いずれの治療でも、長時間発情が持続していた場合は外陰部や乳頭の腫大などの症状が完全に消失しないことがあります。予防は不妊手術です。


卵巣嚢腫の超音波画像

こちらもご参照ください
No.331 子宮蓄膿症
No.286 不妊手術(Spay)


No.441 チンチラに多い疾患

チンチラはツンデレで慣れるととても可愛く、昔から人気があるペットです。野性ではアンデス山脈の寒い荒れた岩場で粗食(低木草・根・樹皮~サボテンの根・葉など)で群れで暮らしています。臆病で神経質で好奇心旺盛、耳が良く音に敏感で、高温に弱い動物です。また、長生き(平均寿命10-17年)で、妊娠期間が長く(105-118日)、 抗生物質に弱いのが特徴です。

よくある疾患は、
・胼胝:踵の角質層の増殖、ほとんどのチンチラでみられます
・骨折:ケージの金網に四肢を引っかけて起こることが多いです
・熱中症:理想温度10-20℃、理想湿度<50%です
・ペニス脱:被毛やゴミが絡んで起こります
・ファースリップ:精神的な恐怖から被毛が抜け落ちることがあります
・子宮蓄膿症:尿に血が混じる事から発見されることが多いです
・不正咬合:すべての歯が常生歯のためイネ科の牧草(チモシー)などで摩耗が必要です
・う蝕:虫歯が多いです
・毛球症・胃の鬱滞:被毛の手入れ、ラキサトーンなどでの予防が重要です
・尿路結石:水分摂取が少ないと起こりやすいです
・抗生物質関連腸炎:クロストリジウム菌が増え大腸炎から全身状態が悪化する場合があります
・皮膚糸状菌症:鼻、眼、耳介周囲、あるいは前足に脱毛とフケがみられ、特に鼻の周りによく発症します。砂浴びで蔓延し、ヒトにうつる場合があります。

チンチラはこのような疾患に注意してください。


皮膚糸状菌症のチンチラ


No.440 犬の前庭疾患

前庭疾患とは、様々な原因で平衡感覚を失ってしまう病気全般を指します。動物の身体には、平衡感覚を司る三半規管が両側の内耳に存在します。三半規管が感知した頭の動きや位置が神経を通じて脳幹へ伝えられ平衡感覚が生まれます。片側の三半規管やその信号を受け取る脳幹が機能しないと、世界がグルグルと回ってしまうような感覚に陥り眩暈やふらつきが起こります。

犬の前庭疾患の主な症状は、首を傾けたように頭が斜めになる捻転斜頸、眼球が意思とは関係なく小刻みに揺れる眼振、一方向に円を描くようにぐるぐる回る旋回などの神経症状です。眼球が揺れる方向が縦方向か横方向かなどが病態把握のヒントとなります。100%ではありませんが、水平方向に眼球が動く「水平眼振」の場合は耳の病気が疑われ、垂直方向に動く「垂直眼振」の場合は脳の病気が疑われます。また、嘔吐や食欲不振、元気消失が伴うことも多く、歩くとよろめいて横転し、立っていられない状態になることもしばしばあります。

前庭は、末梢前庭と中枢前庭に分けられます。
・末梢前庭:内耳の三半規管と前庭と前庭神経(内耳神経のひとつ)
・中枢前庭:橋、延髄の一部。小脳の一部(片葉:へんよう)
発症する前庭疾患の多くは末梢性のものです。中枢性前庭疾患は比較的稀ですが経過が悪いです。

原因もそれぞれ末梢と中枢で分けられます。
末梢性前庭疾患の主な原因
・中耳炎、内耳炎
・老犬の特発性前庭疾患
・内耳腫瘍、ポリープ
・外傷
・先天性
・聴毒性のある薬剤、化学物質
・甲状腺機能低下症
など
中枢性前庭疾患の主な原因
・脳炎
・腫瘍
・脳梗塞
・外傷や出血
・薬物(メトロニダゾール中毒など)
・甲状腺機能低下症
など

前庭疾患で起こる症状は他の神経症状が現れる疾患でもよく見られるものもあります。観察や検査により前庭疾患かどうか、またどの部位で異常が起こっているのかを明らかにしていきます。正確な診断のためは病歴と神経学的検査がとても大切です。また、以下のような検査も行います。
・耳鏡検査
・歩行検査
・神経学的検査
・血液検査(とくに甲状腺検査)
・CT検査、MRI検査

治療は、中耳炎・内耳炎や内耳の腫瘍・ポリープは投薬や手術によって治療されることが多いですが、障害が重度な場合には治療をしても機能が完全には回復しないこともありますので早期の積極的な治療が大切です。三半規管に毒性のある薬によって起こった前庭疾患は、障害を受けた三半規管は治りませんが徐々に慣れて症状が改善する事があります。また、同時に聴覚が障害を受けることがあります。特発性前庭障害は原因不明の病気で急激にひどい症状が出ることが多いですが、4~5日後から徐々に改善し始め、数週間で回復することが多い疾患です。脳腫瘍、脳炎、脳梗塞などは原因の病気を治す事が大切ですが、脳幹は手術が非常に難しい部位なため、脳腫瘍の治療は一般的に困難です。メトロニダゾールは下痢などの治療によく使われる抗生物質ですが、長い期間飲んだりたくさん飲んだり肝機能が低下していて十分に代謝できない状態だと中毒を起こすことがあります。通常は4~5日間の入院治療で回復します。甲状腺機能低下症は犬で多く、上記の様に末梢性前疾患でも中枢性前庭疾患でも認められます。眼振の症状を犬で認めたら甲状腺のチェックが必要です。


前庭疾患で捻転斜頸を呈した犬

こちらもご参照ください
No.320 フレンチブルドッグの中耳炎
No.266 ウサギの斜頸
No.258 犬の脳炎
No.77 犬の甲状腺機能低下症